古い家の売却方法。どうすれば高値で売れるの?

古い家

古くなった家は高く売れないと思い込んでいる人は多いでしょう。
たとえば築40年にもなれば、まったく利益が出ないと聞いても当然だと考える人もいるかもしれません。

 

そこで迷いやすいのが、明らかに古い部分だけでも立て直すのかどうかということです。
そうすることで興味を持ってくれる人が増えることを見込めますが、当然リフォーム代がかかってしまいます。

 

売却に成功したとしてもリフォーム代を回収できなければ、赤字になるので要注意です。

 

なので、まずはそのまま売却することを検討するのが賢明なので、その前提となる知識を身に付けておきましょう。

 

利益が出なかったとしても、そのまま売却することのメリット

そのなかでも大きいのは解体する義務を負わなくてよくなることです。
建物を解体する費用を持ち主が捻出できなくて、そのまま放置されている空き家は日本にたくさん存在します。

 

放っておいても問題ないと考えているなら認識が甘いと言わざるをえません。
いろいろなデメリットが生じることになりやすく、火災や異臭騒ぎなどが起こって近隣に迷惑をかけた場合、賠償責任を問われる事態になることもありえます。

 

また、住宅ローンの審査を受けるのであれば、土地だけにしてしまうよりも通過できる可能性が高いです。

 

さらには土地だけの場合よりも固定資産税が安くなるというメリットも見過ごせません。

 

古い家を残したまま売ることにより生じる弊害

解体費用が生じることを指摘されて、値段交渉の材料として利用されてしまうことが多いです。

 

土地に埋まっているものがあってもチェックできませんし、地盤の検査を実施するときにも邪魔になります。

 

このような事実を知ったうえで、最も判断で重視すべきなのは、築40年にもなるとたいていの場合は建物の建物部分が無価値になってしまうことです。

 

土地だけの価値が残るので、更地と家付きとで価格に変動はほとんどないのが実情となっています。

 

すなわち解体費用を節約できる分だけ、家付きとして売約したほうが利益が大きいといえます。

 

上記を考慮すると、売り手としては必ずしも解体やリフォームをする必要がないと分かるでしょう。

 

味のある歴史を感じられる家を欲しがる層も一定数いる

それどころか、そのまま売ることによって、築40年の古い家の価値を活かすという手もあります。

 

古い歴史のある一戸建てを購入して、その良さを残しつつ住みやすいようにリノベーションするケースが増えているからです。

 

そのようなリノベーションを望んでいる人は、まったくリフォームされていないことを望んでいるのが一般的です。

 

リフォームされるとその分だけ価格に上乗せされてしまうのが大きな理由ですが、自分たちで残す部分とそうでない部分を選り分けたいという希望も関係しています。

 

下手にリフォームされていると、元の構造が分かりにくくなって購入後のリノベーションに影響が出てしまうかもしれません。

 

そのままの状態を維持しつつ、古い家を求めている人を探して、見つかり次第内覧の機会を設けると良いでしょう。

 

リフォームに関しては、相手がこちらに望む場合のみ、契約を前提として価格に上乗せすることも了解を得たうえで実施すると安全です。

 

古い家の売却実績が多いところと媒介契約を結びましょう。

また、基本的なことですが不動産会社に売却を依頼する場合、古い物件を取り扱った経験が多いところを選びましょう。

 

新しい物件しか担当していないところでは、必要以上に価格を下げて販売されてしまう恐れがあります。

 

売れないことを前提として取り組まれると、ろくに宣伝費をかけてもらえませんし、いつまで買い手が現れなくても不思議ではありません。

 

報酬で営業担当者のやる気をアップさせる手もある

もし一向に積極性が感じられない場合は、報酬を用意することでモチベーションを高めるのも一つの手です。

 

とはいえ、仲介手数料は法律によって制限があるので、単純に加算するのは難しくなっています。

 

そこでポイントになるのは広告費としてお金を用意することです。
その名目であれば、売り手から受け取っても構わないとされているからです。

 

交渉の際にその意思があることを伝えておけば、担当者のやる気がアップする効果を期待できるでしょう。

 

ただし、こちらが一方的に決めるとトラブルになる場合もあるので、具体的な金額については相談しながら決定するのが望ましいです。

 

ある程度の値下げも視野に入れる

担当者にいくら頑張ってもらっても買い手が現れないケースも少なくありません。
そうなると、徹底的に価格を下げるという方向にシフトすることが多いです。

 

そのような事態を避けたいなら、業者に買い取ってもらうという方法も検討すると良いでしょう。

 

そう言われても、業者の場合はさらに価格を下げられてしまうと懸念する人もいるかもしれません。

 

ですが業者は購入後にリノベーションをして売却するのが一般的なので、ある程度の損傷や劣化は度外視してもらえることがよくあります。

 

優良な業者とマッチングできれば買い叩かれるような事態にはならないということです。

 

まとめ

古い家を手放したいなら早い方が良いです。
ずるずる後回しにするほど家も傷んできますし、固定資産税だって支払い続けなければなりません。

 

各家庭の事情はあると思いますが、使う予定がない家は早々に売ってしまうのが賢明です。

 

わたしのオススメは不動産一括査定サイトを使うことです。
詳しいことは「家の売却を成功させる5つの方程式を教えます。」をチェックしてみてください。

 

【前回】<<空き家の売却方法が知りたいです。

【次回】>>住宅ローンが残ってる家を売って引っ越しできる?


ページの先頭へ戻る